資産形成 高配当銘柄の財務状況(売上・利益の推移)

株式分割予定【9107川崎汽船】2023年配当金は?売上推移、利益推移、過去配当金

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市

証券コード

9107

銘柄名

川崎汽船


Yahoo!ファイナンス

最新株価をチェック


【記事の内容】

【9107川崎汽船】の配当利回り

【9107川崎汽船】の利権確定日

【9107川崎汽船】の財務状況
(売上推移、資産推移、負債推移、利益推移、自己資本比率)

利益に対して配当金の割合

過去配当金支払開始日

決算発表日


【書いた人】

記事を書いた人


そのほか高配当・高利回り銘柄についても記事を書いています。
気になる方は、下記リンクからご確認ください。

高利回り一覧アイキャッチ棒グラフ黒

【2022年】高配当・高利回り銘柄の配当金一覧、各銘柄の最新株価・決算短信情報まとめ


配当利回り

予想配当利回り2023年配当金決算月
6.41%600円3月

利権確定日

中間配当金受領株主確定日毎年9月末日(休日の場合、前営業日)
期末配当金受領株主確定日毎年3月末日(休日の場合、前営業日)




目次

高配当銘柄、過去に高配当銘柄


会社概要

英語社名

Kawasaki Kisen Kaisha, Ltd

URL

https://www.kline.co.jp/ja/index.html

企業概要

海運大手3社の一角。バラ積み船など強化。資源輸送も。コンテナ船は統合。

決算日

3月

業種

海運業

発行株数

94,749,463 株

株価

Yahoo!ファイナンス

最新株価をチェック


【9107川崎汽船】決算発表日

決算発表日
2017年3月期
2018年3月期2018年4月27日
2019年3月期2019年4月26日
2020年3月期2020年5月11日
2021年3月期2021年5月10日
2022年3月期2022年5月9日


【9107川崎汽船】売上推移、売上増加率

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市640

売上推移

単位:百万円

売上高売上増減(対前年比)
2017年3月期1,030,191
2018年3月期1,162,025131,834
2019年3月期836,731-325,294
2020年3月期735,284-101,447
2021年3月期625,486-109,798
2022年3月期756,983131,497
2023年3月期予780,00023,017


単位:百万円


売上増加率(対前年比)

単位:百万円

対前年比対前年比
売上高売上増減売上増加率
2017年3月期1,030,191
2018年3月期1,162,025131,834112.80%
2019年3月期836,731-325,29472.01%
2020年3月期735,284-101,44787.88%
2021年3月期625,486-109,79885.07%
2022年3月期756,983131,497121.02%
2023年3月期予780,00023,017103.04%


単位:百万円


【9107川崎汽船】資産推移(流動資産、固定資産)

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市640

流動資産、固定資産、資産合計の推移

単位:百万円

流動資産固定資産資産合計
2017年3月期381,123664,0851,045,209
2018年3月期390,726646,1601,036,886
2019年3月期288,871662,390951,261
2020年3月期259,032637,048896,081
2021年3月期266,210708,398974,608
2022年3月期461,0891,143,8701,574,960


単位:百万円


資産合計、資産増減、増減率(対前年比)

単位:百万円

対前年比対前年比
資産合計資産増減資産増加率
2017年3月期1,045,209
2018年3月期1,036,886-8,32399.2%
2019年3月期951,261-85,62591.7%
2020年3月期896,081-55,18094.2%
2021年3月期974,60878,527108.8%
2022年3月期1,574,960600,352161.6%


単位:百万円


【9107川崎汽船】負債推移(流動負債、固定負債)

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市640

流動負債、固定負債、負債合計の推移

単位:百万円

流動負債固定負債負債合計
2017年3月期223,433576,293799,727
2018年3月期283,141510,651793,792
2019年3月期100,195490,675770,028
2020年3月期236,139459,707695,847
2021年3月期261,529396,916658,446
2022年3月期251,538338,538590,077


単位:百万円


負債合計推移、負債増減、負債増減率(対前年比)

単位:百万円

対前年比対前年比
負債合計負債増減負債増加率
2017年3月期799,727
2018年3月期793,792-5,93599.3%
2019年3月期770,028-23,76497.0%
2020年3月期695,847-74,18190.4%
2021年3月期658,446-37,40194.6%
2022年3月期590,077-68,36989.6%


単位:百万円


【9107川崎汽船】株主資本、純資産合計の推移

単位:百万円

株主資本合計純資産合計
2017年3月期190,461245,482
2018年3月期200,688243,094
2019年3月期91,152181,233
2020年3月期108,852200,234
2021年3月期218,103316,162
2022年3月期864,424984,882


単位:百万円


【9107川崎汽船】利益推移(営業利益、経常利益、税引前当期利益、当期利益)

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市640

営業利益、経常利益、税引前当期利益、当期利益

単位:百万円

営業利益経常利益税引前純利益当期利益
2017年3月期-46,037-52,388-131,226-137,369
2018年3月期7,2191,96217,18812,975
2019年3月期-24,736-48,933-99,422-108,782
2020年3月期6,8407,40711,3158,204
2021年3月期-21,28689,498113,854111,082
2022年3月期17,663657,504659,093646,633
2023年3月期予41,000470,000


単位:百万円


親会社株主に帰属する当期純利益増減(対前年比)

単位:百万円

対前年比
親会社株主に帰属する
当期純利益
親会社株主に帰属する
当期純利益増減
2017年3月期-139,478
2018年3月期10,384149,862
2019年3月期-111,188-121,572
2020年3月期5,269116,457
2021年3月期108,695103,426
2022年3月期642,424533,729
2023年3月期予460,000-182,424


単位:百万円


1株当たり当期純利益(EPS)推移

1株当たり当期純利益(EPS)
2017年3月期-1,488.23
2018年3月期111.13
2019年3月期-1,192.08
2020年3月期56.50
2021年3月期1,165.34
2022年3月期6,887.54



【9107川崎汽船】1株配当金、配当金総額、配当性向

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市640

1株配当金

第1四半期末第2四半期末第3四半期末期末配当金1株配当金合計
2017年3月期0.000.000.00
2018年3月期0.000.000.00
2019年3月期0.000.000.00
2020年3月期0.000.000.00
2021年3月期0.000.000.00
2022年3月期0.00600.00600.00
2023年3月期予150.00300150.00300300.00600


四半期決算短信についての記事はこちらです。
気になる方はチェックしてみてください。


配当金総額、配当性向

単位:百万円

配当金総額配当性向
2017年3月期
2018年3月期
2019年3月期
2020年3月期
2021年3月期
2022年3月期56,2448.7%
2023年3月期予6.1%

配当性向とは、会社が税引後の利益である当期純利益のうち、どれだけを配当金の支払いに向けたかを示す指標です。 配当性向は、1株当たり配当額を1株当たり当期純利益で除して求められます。



配当金支払開始日

中間配当支払開始予定日期末配当支払開始予定日
2017年3月期
2018年3月期
2019年3月期
2020年3月期
2021年3月期
2022年3月期2022年6月24日


【9107川崎汽船】自己資本比率

9107川崎汽船アイキャッチ棒グラフ透け都市640
自己資本比率
2017年3月期21.0%
2018年3月期20.9%
2019年3月期10.9%
2020年3月期11.3%
2021年3月期22.4%
2022年3月期56.2%



発行済み株式総数

発行済株式総数期末自己株式数
2017年3月期93,938,229218,853
2018年3月期93,938,229666,673
2019年3月期93,938,229666,319
2020年3月期93,938,229666,130
2021年3月期93,938,229664,331
2022年3月期93,938,229665,210


引用:2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

資料

【PDF】2022年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)川崎汽船株式会社

経営成績等の概況

当期の経営成績

”当期の連結売上高は7,569億83百万円(前期比1,314億96百万円の増加)、営業利益は176億63百
万円(前期は212億86百万円の営業損失)、経常利益は6,575億4百万円(前期比5,680億6百万円
の増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は6,424億24百万円(前期比5,337億28百万円の増
加)となりました。

なお、当社の持分法適用関連会社であるOCEAN NETWORK EXPRESS PTE. LTD.(以下、「ONE社」と
いう。)の業績好調などにより、持分法による投資利益として6,409億92百万円を計上しました。
うち、ONE社からの持分法による投資利益計上額は累計期間6,353億78百万円、当第4四半期連結
会計期間においては2,203億3百万円となります。”


当期の財政状態の概況

資産、負債及び純資産の状況

”2022年3月末の資産の部は1兆5,749億60百万円となり、前期末に比べ6,003億51百万円増加しま
した。流動資産は現金及び預金の増加等により前期末に比べ1,648億79百万円増加しました。固定
資産は投資有価証券の増加等により前期末に比べ4,354億72百万円増加しました。

負債の部は、短期借入金の減少等により5,900億77百万円となり、前期末に比べ683億68百万円減
少しました。

純資産の部は、利益剰余金の増加等により前期末に比べ6,687億20百万円増加し、9,848億82百万
円となりました。”

キャッシュ・フローの状況

”当期末における現金及び現金同等物は2,443億16百万円となり、前期末より1,143億15百万円増加
しました。各キャッシュ・フローの状況は次のとおりです。

営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益等により、当期は2,264億60百
万円のプラス(前期は333億97百万円のプラス)となりました。

投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出等により、当期は58億48
百万円のマイナス(前期は169億87百万円のプラス)となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金返済等に係る支出等により、当期は1,160億
1百万円のマイナス(前期は348億45百万円のマイナス)となりました。”


利益配分に関する基本方針及び当期・次期の配当

”当社は、安定的な配当を通じ株主の皆さまへの利益還元を最大化することを経営の重要課題と位
置づけ、業績動向、企業価値向上に必要な投資、財務体質の強化等を総合的に勘案し、中長期的な
株主利益の向上を図ることを基本方針としています。

 2022年3月期の期末配当につきましては、前回予想の1株当たり300円から、追加配当として1
株当たり300円増額し、1株当たり600円とさせていただく予定です。

 なお、2023年3月期につきましては、業績見通し等を総合的に勘案し、年間配当金1株当たり
300円(うち中間配当金150円)の基礎配当に加え、1,000億円以上の追加的な株主還元策を検討す
る予定です。追加的な株主還元策については配当に加え自己株式取得も検討予定です。


1

  • この記事を書いた人

N主任

30代後半。何もしなければFIREできないと思い、色々なことを実践。 興味を持って、面白そうなことに飛びつく。 結果、失敗を繰り返している。 紙一重の成功を掴むためにチャレンジ精神は大。 数年前までは、考えるだけで行動に移せなかったタイプ。(計画倒れ多数) ひとり親になったことがきっかけで、多部門にチャレンジ。 FX、株、YouTubeチャンネル開設、アフィリエイトなど触って被害甚大。 挫けずに少しずつ進みたい。 高校時代に簿記全商1級。

-資産形成, 高配当銘柄の財務状況(売上・利益の推移)
-, , , ,