資産形成 高配当銘柄の財務状況(売上・利益の推移)

配当予想UP【9104商船三井】2023年も高配当?株価、配当利回りなど確認すべき財務状況

証券コード

9104

銘柄名

商船三井


最新株価をチェック

Yahoo!ファイナンス


2023年第1四半期決算短信が発表されました。
予想(配当金や売上・営業利益など)を上方修正されています。

気になる方は下記の記事からチェックしてみてください。

前回配当予想を上回る【9104商船三井】2023年3月期第1四半期決算短信

四半期アイキャッチ640


【記事の内容】

9104商船三井の配当利回り

9104商船三井の利権確定日

9104商船三井の財務状況
(売上推移、資産推移、負債推移、利益推移、自己資本比率)

利益に対して配当金の割合


【書いた人】

記事を書いた人


そのほか高配当・高利回り銘柄についても記事を書いています。
(今後、記事を書く銘柄は追加予定です。)
気になる方は、下記リンクからご確認ください。

高利回り一覧アイキャッチ棒グラフ黒

【2022年】高配当・高利回り銘柄の配当金一覧、各銘柄の最新株価・決算短信情報まとめ


配当利回り

予想配当利回り2023年予想配当金決算月
11.55%360円3月

利権確定日

中間配当金受領株主確定日年によって変動
期末配当金受領株主確定日毎年3月31日(休日の場合、前営業日)


高配当銘柄、過去に高配当銘柄

2022年配当急伸
配当予想UP【9101日本郵船】2023年配当は?財務状況をグラフ化(売上、利益推移など)

証券コード 9101 銘柄名 日本郵船 最新株価をチェックYahoo!ファイナンス 【記事の内容】 9101日本郵船の配当利回り 9101日本郵船の利権確定日 9101日本郵船の財務状況(売上推移、資 …

続きを見る


会社概要


英語社名

MITSUI O.S.K.LINES,LTD.

URL

https://www.mol.co.jp/index.html

企業概要

海運業大手。世界最大級の航路網、保有船も最大。不定期便に強み。

決算日

3月

業種

海運業

発行株数

361,885,833 株

株価

最新株価をチェック

Yahoo!ファイナンス

※マイクロコピーを書いてみよう


【9104商船三井】売上推移、売上増加率


売上推移

単位:百万円

対前年比対前年比
売上高売上増減売上増加率
2017年1,504,373
2018年1,652,393148,020109.84%
2019年1,234,077-418,31674.68%
2020年1,155,404-78,67393.62%
2021年991,426-163,97885.81%
2022年1,269,310277,884128.03%
2023年1,353,00083,690106.59%


単位:百万円


売上増加率(対前年比)

対前年比
売上増加率
2017年
2018年109.84%
2019年74.68%
2020年93.62%
2021年85.81%
2022年128.03%
2023年106.59%



【9104商船三井】資産推移(流動資産、固定資産)


流動資産、固定資産、資産合計の推移

単位:百万円

流動資産固定資産資産合計
2017年481,4771,323,6652,217,528
2018年478,7021,290,9292,225,096
2019年387,4601,193,9102,134,477
2020年334,8871,201,6982,098,717
2021年327,0001,099,4582,095,559
2022年351,4521,111,1522,686,701


単位:百万円


資産合計推移、資産増減、増減率(対前年比)

単位:百万円

対前年比対前年比
資産合計資産増減資産増加率
2017年2,217,528
2018年2,225,0967,568100.3%
2019年2,134,477-90,61995.9%
2020年2,098,717-35,76098.3%
2021年2,095,559-3,15899.8%
2022年2,686,701591,142128.2%


単位:百万円


2022年3月期「資産の部」で増加した金額はほぼ投資有価証券になっています。


【9104商船三井】負債推移(流動負債、固定負債)


流動負債、固定負債、負債合計の推移

単位:百万円

流動負債固定負債負債合計
2017年383,4561,150,4501,533,907
2018年477,6961,119,3541,597,051
2019年446,6491,036,2201,482,870
2020年422,1641,035,3161,457,481
2021年417,574978,8341,396,409
2022年414,002937,8321,351,835


単位:百万円


負債合計は、減少傾向にあります。

負債とは、会社の借金などマイナスの財産の事です。
負債が減少しているということは、会社の借金が減ってきていると考えることもできます。


負債合計推移、負債増減、負債増減率(対前年比)

単位:百万円

対前年比対前年比
負債合計負債増減負債増加率
2017年1,533,907
2018年1,597,05163,144104.1%
2019年1,482,870-114,18192.9%
2020年1,457,481-25,38998.3%
2021年1,396,409-61,07295.8%
2022年1,351,835-44,57496.8%


単位:百万円


2022年3月期の「純資産の部」で株主資本合計が2021年3月期と比べて約2倍になっています。内訳を見ると「利益余剰金」が435,589百万円→1091,250百万円となっています。


【9104商船三井】利益推移(営業利益、税引前当期利益、当期利益)


営業利益、税引前当期利益、純利益

単位:百万円

営業利益税引前純利益純利益
2017年2,55823,30310,605
2018年22,684-28,709-41,440
2019年37,71846,77833,674
2020年23,77947,13038,190
2021年-5,303100,31393,199
2022年55,005732,993714,154
2023年予46,000500,000


単位:百万円


2022年3月期の税引前当期利益、当期純利益が大幅に増加しています。営業外収益の「持分法による投資利益」が増加したことによるものです。


持分法投資損益(もちぶんほうとうしそんえき)とは、持分法を適用した際に計上される損益を言います。これは、持分法適用会社(関連会社)が計上した利益のうち、投資会社が保有している持分割合分について損益を計上するものです。

持分法投資損益とは?仕訳・会計処理についてわかりやすく解説


純利益増減・増減率(対前年比)

単位:百万円

対前年比対前年比
純利益純利益増減純利益増減率
2017年10,605
2018年-41,440-52,045-390.8%
2019年33,67475,114-81.3%
2020年38,1904,516113.4%
2021年93,19955,009244.0%
2022年714,154620,955766.3%
2023年予500,000-214,15470.0%


単位:百万円


【9104商船三井】1株配当金、配当金総額、配当性向


1株配当金

単位:円

第1四半期末第2四半期末第3四半期末期末配当金配当金合計
2017年22
2018年110
2019年202545
2020年303565
2021年15135150
2022年3009001,200
2023年予200300150200350500


2021年3月期の決算発表時に2022年3月期の配当予想は1株あたり150円でしたが、最終的に2022年3月期の配当は1株あたり1200円と大幅増となりました。売上見通しが10600億円で実績が12693.1億円。当期純利益の見通しが900億円で実績が7141.54億円。


追記
2023年第1四半期決算短信が発表されました。
前回より配当金予想がUP

気になる方は下記の記事からチェックしてみてください。

前回配当予想を上回る【9104商船三井】2023年3月期第1四半期決算短信

四半期アイキャッチ640


単位:百万円

配当金総額、配当性向

配当金総額配当性向
2017年2,39245.5%
2018年2,392
2019年5,38120.0%
2020年4,44323.8%
2021年17,94319.9%
2022年144,24020.3%
2023年予25.2%



配当性向とは、会社が税引後の利益である当期純利益のうち、どれだけを配当金の支払いに向けたかを示す指標です。 配当性向は、1株当たり配当額を1株当たり当期純利益で除して求められます。


配当金支払開始日

中間配当支払開始予定日期末配当支払開始予定日
2017年
2018年2018年6月27日
2019年2019年6月26日
2020年2020年6月24日
2021年2021年6月23日
2022年2022年6月22日


【9104商船三井】自己資本比率


自己資本率
2017年25.8%
2018年23.0%
2019年24.6%
2020年24.5%
2021年27.6%
2022年47.4%


1

  • この記事を書いた人

N主任

30代後半。何もしなければFIREできないと思い、色々なことを実践。 興味を持って、面白そうなことに飛びつく。 結果、失敗を繰り返している。 紙一重の成功を掴むためにチャレンジ精神は大。 数年前までは、考えるだけで行動に移せなかったタイプ。(計画倒れ多数) ひとり親になったことがきっかけで、多部門にチャレンジ。 FX、株、YouTubeチャンネル開設、アフィリエイトなど触って被害甚大。 挫けずに少しずつ進みたい。 高校時代に簿記全商1級。

-資産形成, 高配当銘柄の財務状況(売上・利益の推移)
-, , , ,